平成30年度 教育目標

弥富市立弥富北中学校
1 教 育 目 標
(1) 本校の教育目標
 「知・徳・体の調和がとれた人間性豊かで実践力のある生徒の育成をめざす」を教育目標とする。 そのため、校訓を「至誠」とし、教育目標の具現化を目指す。
 
めざす生徒像
○ 自ら学び、深く考え、自分を生かす生徒
○ 心豊かで、真心をもって接する素直な生徒
○ 命を尊び、心身ともに健やかで忍耐強い生徒
 
 
(2) 経営方針
 ア 生きる力の育成と社会的な自立をめざし、生涯にわたって自ら学び続ける態度の
  育成に努める。
  ・ 確かな学力を育成する学習指導に努める。
  ・ 平和や人権に関する意識を高め、より良く生きようとする実践的な力を培う。
  ・ 健康の保持増進と体力の向上を図る。
 イ 明るく元気で笑顔の絶えない職員集団をめざすとともに、職員全員が一致協力
  し、教育愛に徹した教育活動を実践する。
  ・ 教師一人一人が専門職という自覚をもち、資質・授業力の向上に努め、学級経
   営や教育活動の充実に努める。
  ・ 生徒一人一人の人格や個性を尊重し、個に応じた教育活動を行う。
  ・ 学校評価を生かし、教育活動の質を高める。
 ウ 家庭や地域との連携を深め、心豊かな生徒の育成を図る。
  ・ 家庭や地域との連携を密にし、信頼される開かれた学校をめざす。
  ・ 学校・地域を愛する心を育てるとともに、本校の教育活動の伝統を大切にす
   る。
  
(3) 本年度の重点目標
 ア 確かな学力の定着
  ・ 生徒が主体的に取り組む授業づくりを進め、分かる楽しい授業づくりを推進
   し、確かな学力の定着をはかる。
  ・ 地域・他校種との連携を踏まえたキャリア教育と自己実現をめざした進路指導
   に取り組む。
  ・ 個に応じた指導を工夫し、一人一人にきめ細かい指導を行う。
  イ 道徳教育・生徒指導の充実
  ・ 平和や人権意識の大切さ、命の尊さを、防災教育や国際理解教育を始め教育
   動全体を通して取り組む。
  ・ 自問清掃の深化・発展に向けた取り組みを進める。
  ・ ノーチャイム制を継続・徹底する。
  ・ 「あたりまえのことがあたりまえにできる」を規範とした取り組みを展開す
   る。
  ・ 不登校生徒やその傾向のある生徒への対応、不登校防止のための取り組みを
   進める。 
 ウ 健康教育の充実
  ・ 学校生活全般を通して「自分の命は自分で守る」という生徒の安全意識を高
   め、実際に行動できる態度や能力を身に付けさせる。
  ・ 運動の楽しさや喜び、充実感や満足感が実感できる取り組みを進める。
  ・ 体育の授業の中で、「弥北7分トレーニング」を実施し、基礎体力を高める。
 エ 現職教育の充実
  ・ 道徳の授業を中心に「協同的な学び(学び合う学び)」を実践・研究し、その成
   果生かし、全教科において分かる楽しい授業づくりを推進する。
  ・ 市教育委員会が主催する授業力向上研修を始め、各種研修会に積極的に参加
   し、教師としての資質向上に努める。
 オ 学校・家庭・地域の連携の充実
  ・ 生徒を地域の行事に積極的に参加させ、地域とのつながりを大切にする。
  ・ 通信や毎日の連絡などの積み重ねを大切にし、保護者・地域との信頼関係を構
   築する。
  ・ PTA活動の見直しと、より一層の活性化を図る。
  カ 教職員の多忙化解消に向けた取組
  ・ 校務支援システムを活用して、毎日、正確な出校時間と退校時間を記録する。
  ・ 一部の教職員に過重な負担がかからないように、校務分掌を見直す。
  ・ 部活動指導に関わる負担を軽減する。
  ・ 会議や行事の精選・見直しを図り、会議や行事の時間短縮に努める。

所在地

〒498-0007

愛知県弥富市鎌倉町62番地

TEL 0567-65-4151

FAX€ 0567-65-2477

近鉄弥富駅下車北東1,300m

 

35.119565,136.735282

弥富北中学校校歌

弥富北中学校 校歌

作詩 犬塚 義秋

作曲 服部 勇次

 

1.尾張平野の 空高く  われら学び舎 そびえたつ

ここに集いし わが友と  明日の世代を 語り合う

弥富北中 誇りあれ

 

 

 

 

 

2.伊吹の山を 仰ぎ見る 姿りりしく おおらかに

若き力を きたえつつ 希望にみちて 進みゆく

弥富北中 誉れあれ

 

 

 

 

3.木曽の流れに はぐくまれ われら若人 清らかに

学びの道を きわめつつ 永遠の月日を 生きぬかん

弥富北中 栄あれ


沿革

沿 革:   弥富市の北部、近鉄弥富駅(名古屋から急行で15分)北東1,300mに位置する本校の周辺は、まだ田畑が多く残りつつも、東名阪自動車道・国道1号線・国道155線、更にはJR・近鉄・名鉄などが通る交通の要所でもある。

校舎は、この地域の地盤を考慮した耐震構造であり、台形型校舎となっている。その中央部には、全校生徒が一堂に会せる多目的ホール(ランチルーム)が配され、給食時には、全員で楽しく会食をしている。

<主な表彰歴・研究歴>

昭和54年度「米飯給食推進実験校」(県教委)

昭和58年度「学校給食優良校」(県教委)

昭和59年度「学校給食優良校」(文部省)

平成 2 年度「道徳教育推進校(協同推進校)」(文部省)

平成14年度「夢が語り合える学校づくり」推進(県教委)

平成16年度「自然・人・未来へ発信する学校づくり」推進(県教委)

平成20年度「健康推進学校・特別優秀」(県教委)

平成21年度「健康教育推進学校・優良校」(日本学校保健会・文科省)

平成25・26年度「教育課程研究」(県研究委嘱)

平成30年度「魅力あるあいちキャリアプロジェクト・

      キャリアコミュニティプロジェクト」(県研究委嘱)

平成30年度 在籍数(9月1日現在)

  1年 2年 3年 特別
支援
合 計
男 子 85 71 71 231
女 子 81 84 72 239
166 155 143 470